fc2ブログ

【ビジネス書】文章力の基本(阿部 紘久 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ
せっかくなのでシェアします。よかったら参考にしてみてください!

第百一弾

文章力の基本
文章力の基本



タイトル  : 文章力の基本
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★☆
対象    : 文章の基本を学ぶ
著者    : 阿部 紘久 著
感想    :

『文章を書くのが苦手・・・』の方にはぴったりの本ではない
でしょうか。(僕も文章は苦手ですが(;´Д`))

帝人(テイジン)で企画として勤務し、その間にも海外勤務も
経験した著者が書いた本です。
大学や、企業向けに文章力の指導もされているようですね。

タイトル通り、文章の基本がとっても勉強になりました。

マインドセットや心構えよりも、具体的なテクニックが勉強
できます。

文章は「相手の理解と共感を得るもの」とのマインドセット
のもとに、文章の基本を伝えたいのが意図のようです。
基本なので、企画書の書き方、メール、コピーライト・・・
何にでも使えると思います。

で、僕が参考になったところをピックアップします。

●そもそも文章力とは何か?
 単に言葉を巧みに操る力ではなく、
 1.自分の考えを組み立てる力
 2.相手(読み手)のことを理解する力
 3.的確な言語表現力
 つまり、社会人としての総合的な能力のこと。

 もう少し具体的は、
 「着想力」「連想力」「優先順位の判断力」
 「構造的に把握する力」「創造性、独自性」
 「人間理解力」「言語表現力」からなっている。
 
 つまり、問題発見/解決力など総合的な能力であること。

●出来るだけシンプルに書く。
 『誰が』『何を『どうした』の形で出来るだけシンプルに書く、
 名詞と述語の関係性がわかりにくくなる表現を避ける。

●概念(コンセプト)をつかむ。
 1つの文章に2つのコンセプトを入れると文章が伝わら
 ない。その場合は文章を分ける。

●同じ話はまとめて書く。
 『初めに出てきたことが後でも話されること』『途中で話が
 飛んで別の話しに行くこと』このような文章になっていない
 か、注意する。基本は時系列で書く。

●ぼかやして書かない。
 「~など」「~な感覚だ」「~の中で」「基本的に~」「~したり」
 など、ぼかすような表現をせずに言い切る。
 ぼかして書くと、相手に刺さらない文章になる。
 ⇒これはよくやってしまうやり方です。癖になっているので、
   直そうと思います。(自分の責任逃れではなく、相手に
   伝えるために文章を書く。)

●箇条書きを活用する。
 文章を書くときは「箇条書きに出来ないか?」を自問自答する。
 ⇒これも使えるやり方だと思います。箇条書きの方が分かり
  安いのは明白なので、積極的に取り入れようと思います。

●いきなり核心に入る。
 前置きをしてから文章を書く人がいる。読み手を待たせては
 いけない。核心をまず書いてから、細かい話に展開する。
 ⇒これもやりがちです。僕の中では前置きを書いた方が
  リズムを作れるのですが、読み手は関係ないですね。
  「核心をまず書く」を頭に置いて書きたいと思います。

基本なので、知っている内容も多いと思いますが改めて、
「自分の文章が相手に伝わるか?」を見直す機会になります。
これから文章の書き方を覚える人にも役立ちます。

ぜひ一度読んでみてください。

では!
スポンサーサイト



【ビジネス書】人を操る禁断の文章術(Daigo 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第七十一弾

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術




タイトル  : 人を操る禁断の文章術
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★★
対象    : ライティング
著者    : Daigo 著
感想    :


テレビでもよく出ていたメンタリストのDaigoさんが書いた本ですね。

メンタリストシリーズはこれ以外にも、集中力や直感力、などなど、
様々な本を書かれています。

心理学の観点から、「相手に読まれる文章」ではなくて、「相手に
行動させる文章」の原理原則とそのテクニックがこの1冊にまとめ
られています。


で、ざっくりとこんなことが書かれています。

原理原則
● 相手の想像力のスイッチを「カチッ」と入れることのできる文章

行動原理
● 読む→反応する→想像する→行動を起こす

テクニック
● 「キレイに書かない」「あれこれ書かない」「自分の書きたいこと
   を書かない」
● 反応をさせるためのトリガを選ぶ
● 話し言葉を意識する。追伸をつける。 等々。


具体的には、

● 自分の文章で相手にどうしてほしいのか?から考えて書くこと。

● 自分の文章で相手にそうして欲しいとなっているか?確認すること。

● 話しかけるように、相手にその場面を想像できるように書くこと。

● 相手を立てるように文章を書くこと。

● 悩みは突き詰めると4種類。
   「健康・美容」「夢・将来・キャリア」「人間関係、結婚、恋人」「お金」

●片面掲示=後押しの文章。

●両面掲示=損で引っ張って、得をアピール

などなど、

これ以外にもありますが、実際に文章を書く上で、どのように気を
使えばいいか、どういうテクニックがあるか、勉強になると思います。


仕事にもつかえますし、プライベートでもどちらでも使える内容に
なっていると思います!

ぜひ一度読んでみてください!

では!



【ビジネス書】伝え方が9割(佐々木 圭一 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十二弾


伝え方が9割
伝え方が9割


タイトル  : 伝え方が9割
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★☆☆
対象    : 対話力・文章力を鍛える
著者    : 佐々木 圭一氏
感想    :
コピーライターの著者が書いた本ですね。コピーライトだけでなく、
作詞活動なんかもされているそうです。

で、内容ですが、「伝え方の本質」と言うよりは、「伝え方の技術」が
学べる本です。

つまり、かなり具体的な言葉の作り方が書かれています。
テンプレートとまではいきませんが、繰り返す・ギャップを作るなど、
漠然と言葉を作るのではなく、伝えるように/伝わるように言葉を
作っていく方法が記載されています。

主に、「どのように相手からYesを引き出させるか。」と「どのように
して相手に感動を与えるか」の二つを目的として具体的な方法を
紹介してくれています。

例えば、
「どのように相手からYesを引き出させるか」であれば、
お願いするだけでなく、相手の頭の中を想像してメリットが一致する
内容で誘いをかけるなどのテクニックが書いてくれています。

また、
「どのようにして相手に感動を与えるか」であれば、文章にギャップを
つくる、リピートさせるなどの言葉の作り方が紹介されています。

これらの内容を1シートにまとめてくれていますので、そのシートを
壁に貼っておくなど忘れないようにすることもできます。

具体的な伝え方を学ぶためには役立つ本だと思います。
ぜひ読んでみてください。

では!!!

【ビジネス書】100倍クリックされる超Webライティング実践テク60 (東 香名子)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第二十二弾

100倍クリックされる超Webライティング実践テク60
100倍クリックされる超Webライティング実践テク60


タイトル  : 100倍クリックされる超Webライティング実践テク60
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★☆
対象    : Webライティングの方法
著者    : 東 香名子 氏
感想    :
もともと女性誌の編集長だった著者が書いた本。

非常に具体的な方法でライティングの方法が書かれています。
読者設定から、記事の書き方の順番、テンプレートのような定型文も
ありますので、読んだ次から使えます。(読みながらでもOK)

まず誰に書くのか?読者の設定から始まります。
名前や性別はもちろん。趣味や目標まで設定していくイメージです。
(たぶん、一番初めは自分を設定したほうがやりやすいと思います。)

次にテンプレート。例えば、

○○出来る+数字+法則。
 (例)男性が好きな白肌をゲットできる4つの法則

など、その場で使えるテンプレートがあり、テンプレートだけでなく、
書くにあたっての心構え(マインドセット)も載せてくれています。

次に各手順ですね。

①仮タイトル ⇒ ②小見出し ⇒ ③本文 ⇒ ④序文 ⇒ ⑤締め
⇒⑥本番タイトル

の順に書けば書きやすいとの事。
確かに、この通りに書けば、書きやすかったです。
(上に書いたテンプレート以外にもいろいろなテンプレートが用意して
 くれています。)

後はワンポイントで、
 ・ 文末の書き方は「です」「ます」で
 ・ 「私は~」の表現を避ける

など、ポイントも書いてくれています。

記事の書き方をイチから教えてくれている、教科書のような本になって
います。

すべてはこの通りに行かないかもしれませんが、基本を学ぶ上で
非常に役立つ本になっていると思います。

興味のある方は、ぜひ読んでみてください!!

では!!


【ビジネス書】20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第十七弾

IMG_4016.jpg

タイトル  : 20歳の自分に受けさせたい文章講義
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★★
対象    : 文章力をつける
著者    : 古賀史健 氏
感想    :
現役フリーランスライターの著者が文章の書くことの重要性、文章を書くときに
どのような心構え/意識で書けばいいか、編集するときの注意点などを非常に
分かりやすく、説明しています。

非常にわかりやすく書かれており、読んだその時からでも使えるような講義が
内容でした。

文章を書くための本質ではなく、文章を書くための具体的なスキルについて
書かれているためです。

すでにやりたいことがあり、そのために文章を書く能力が必要な方、自身の
文章の書く能力を高めたい方には最適な本だと思いました。

例えば、

①コピーライトなどの不特定多数に向けて文章を書くときに、誰にあてを
 イメージして書けばいいのか?
 ⇒10年前(半年前でも20年前でもいい)のそのことについて何も知らない自分
  に向けてそのものの良さを分かるように伝える文章を書く。
  10年前の自分は理解してくれているか?

②主張⇒理由⇒事実 と展開する文章を書き、事実を具体的により細かく
 書いていくことで、主張に真実味を持たせることが出来る。

③文章を書くときにどこに一番注意を払うか?
 ⇒導入部分。ここで読者が文全体を読むかどうかが分かれる。ここを
  失敗すると、まず文章を読んどもらえない。

④文章とは書き手の意見を一方的に書くのではなく、読み手と対話できる
 ように書く。

等、文章を書くときの心構えと具体的なスキルから、

⑤自分が分かった事だけを文章に書く。理解できなかったことは書かないし、
  取りつくろう事をしない。
  書きたいなら、調べてから書く。

⑥読み手のことを徹底的に意識する。つまり、自分が調べてどうしても書きたい
 ではなく、編集の上でいらなければバッサリ切ってしまう。

等、当たり前のことでも、理由をつけて解説してくれています。

文章スキルが多く記載されているので、1度にすべてを覚えるのは難しいので、
文章を書きながら、何回も読みながら本書のスキルを身に着けていけば、
間違いなく文章力アップしますね。

文章スキルを高めたい方、ぜひご一読ください!

では(。・ω・)ノ゙
プロフィール

森口 雄一朗

Author:森口 雄一朗
1.本を読みながら「気になったところ」や「本質的なところ」に線を引く
2.線を引いた箇所をそのままブログに書き写す
3.引用部に対する自分の感想や疑問を書く

⇒森口 雄一朗のプロフィールへ

カテゴリ
種別

経営・起業 お金 マーケティング 自己啓発 発想方法 ライティング ファッション 成功哲学 健康 読書 スピリチュアル 戦略 ライフスタイル 休息 性格 自己啓発・心理学 問題解決 自己啓発・スピリチュアル アフィリエイト 小説 PDCA 人生プラン 人間関係 睡眠 潜在意識 宗教学 

月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム