fc2ブログ

男のトリセツ(神崎メリ著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百九十三弾
男のトリセツ


タイトル  : 男のトリセツ
評価    : ★★★★☆
著者    : 神崎メリ著
感想    :

女性視点での恋愛マニュアルが気になり、読んでみました。

ポイントだけまとめます。

・何を目的に関係を作るか?
 ⇒お互いの関係を楽しむため。

・結局は人対人のコミュニケーション
 ⇒相手のプライドを傷つけたり、自己肯定感を下げる発言を下げる。(そうするのは未熟だから)
 ⇒相手をコントロールしようとしない。価値観の違いを認める。

・良好な関係を気づくために
 ⇒何か希望があるなら、誠実に伝える。
  (慰めて欲しい、言動に気をつけて欲しいなど。)
 ⇒相手のプライベートエリアに踏み込まない。
 ⇒相手を試すような事をしない。疑うような言動を避ける。

・相手の自己肯定感を高める
 ⇒相手を信頼する、もしくは不必要に疑わない。
  ちょっとしたお願いをしたり、甘えてみる。

・Hの回数で相手からの愛情の物差しにしない
 ⇒Hのモチベーションは好奇心。満たされると自然に減ってくる。
 ⇒目が曇ると、H以外の思いやりや優しさが見えなくなる。


気になる人は、是非読んでみてください。
スポンサーサイト



ありがとうの奇跡(小林 正観 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百九十一弾
ありがとうの奇跡(小林正観著)


タイトル  : ありがとうの奇跡
評価    : ★★★★☆
著者    : 小林 正観 著
感想    :

「ありがとうの神様」に引き続き、本書も読みました。
(ありがとうの神様はこちら

こちらも、「ありがとうの神様」と同じように、自分に参考になった
習慣をご紹介していきます。

●その人の金運は、「食生活」によって決まる
 ⇒入ってきた金額によって、食べるものを変えるのは良くないとのこと。
  食生活は、金運としても生活する上でも非常に重要だと思います。
  贅沢な食生活ではなく、健康を考えた食生活を送りたいです。

●儲かっているお店、儲かっている人には「ある共通項がある」
 ⇒「誠実」に商売することが、共通項のようでした。
  顧客を相手にしていると、どうしても効率重視や儲け重視の
  思考になることがあります。
  しかし、「誠実に商売できているか?」を常に自分に問いかけて、
  商売したいと思いました。

●人望を集めるための行動
 ⇒村民1,500人以上が参加した、おばあちゃんのお葬式。
  おばあちゃんは教員であったが、教え子の店でしか
  ものを買わなかった。ものよりも人を重視した。

●愛すれば愛される。愛さなければ愛されない。
 嫌えば嫌われる。嫌わなければ嫌われない。
 ⇒絶対的な正しいものはなく、こちらの言動で決まる。

面白かったです。
気になる方は、是非一度読んでみてください!

ありがとうの神様(小林 正観 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百九十弾
ありがとうの神様(小林正観著)

タイトル  : ありがとうの神様
評価    : ★★★★☆
著者    : 小林 正観 著
感想    :

作家で年間300回以上の講演をする著者による、自己啓発本ですね。
仕事で行き詰まった事があり、メンタル回復と気分転換をかねて読みました。

面白かったです。
また、考え方が箇条書き形式で書かれていたので、
とても読みやすかったです。

おかげでだいぶメンタルも回復しましたし、色々と行き詰まっていたので、
「とらわれを起こしていたなぁ。」と客観的に自分自身をとらえることが
できました。

本書では、悩みを解決するための考え方のヒントが書かれていますが、
個人的に参考になったヒントを引用しておきます。

●自分の感情をコントロールできない大人を、子どもは
 「大人と認めない」
 ⇒感情のコントロールは大事だと思います。
  大人同士でも、感情的になっている人の言うことはあまり
  相手にしません。
  常に、冷静に目の前の事象に対処したいと思います。

●「51%対49%」なら51%を取る。「50%対50%」ならどちらを取っても良い。
 ⇒色々選択に迷うことがあるので、選択を迫られたときの
  指針にしたいと思いました。

●「ならなくても良いけど、なったらいいなと」執着を手放すと、
  実力以上の「力」を発揮できる。
 ⇒物事に集中すると、執着することがあるので、そんなときは
  一旦冷静になって考えるようにしたいと思いました。

色々悩みのあるかたや、とらわれを起こしている方は是非一度
読んでみてください。

では!

マネーの公理 (マックス・ギュンター 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百八十八弾
マネーの公理


タイトル  : マネーの公理
評価    : ★★★★☆
著者    : マックス・ギュンター 著
感想    :

投資家よる、お金の儲け方に関する知識がまとめられています。
マネーの公理とありますが、主に株式投資に関する内容です。

とても面白い本でした。

投機に関する考え方でしたが、どのようにお金を掛けていけば
いいか、売りと買いのタイミングや見極め、それらに関する
根本的な判断基準が分かります。

中でも大切だと感じた考え方は3つです。
・身銭を切る
・感情的な判断をしない
・負けが見えたらすぐに逃げる

この3つが特に大切だと思いました。

どうしてもお金を掛けるとなると、負けても痛くない金額を掛けたり、
損をすると取り返そうとしたりしますが、そのような感情的な内容を
置いて、客観的な基準で投機する必要があると思いました。

一方で、直観の重要性ついても触れています。
ただし、直観を自己評価して、なぜ直観が働いたのかを自己分析
することも必要だと思いました。

最後に、お金を増やすためには、神頼みをしない、大衆の意見は
聞かない、頼れるのは自分自身の冷静な判断力になるようです。

つまり、お金を掛けて判断力を養って、ただただ自分の判断に
従うことが、お金を増やす法則だと思いました。

かなりおすすめの一冊です。









開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学 (川田 利明 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百八十三弾
「してはいけない」逆説ビジネス学


タイトル  : 開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を
失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが
伝える「してはいけない」逆説ビジネス学
評価    : ★★★★☆
著者    : 川田 利明 著
感想    :

元プロレスラーで現ラーメン屋店長の著者が、プロレスラー
時代から現在までの自伝をまとめてくれています。

タイトルにもあるとおり、上手くいった話ではなく、上手く
行かなかった話や失敗談をメインで語ってくれています。

他の自伝本よりも生々しく現実がしれるので、とても勉強
になりました。

私自身は、ラーメン屋ではなく他業種の自営業なのですが、
著者が言われているとおり「体力」「精神力」「資本力」は
絶対に必要だと思います。

体を壊したら売上にはならないし、あきらめたら終わりで
誰も助けてくれない、さらにお金が尽きても終わり、売れなきゃ
どうしようもなくなる。

自営業って、本当に覚悟がいる業種だと思います。
よく言われる、「自由と責任は表裏一体」って感じですね。

まぁ、それらを自分の考えと意志でコントロールできるのも
魅力ではあるので、もしサラリーマンからラーメン屋を
含む、自営業への転身を考えている方は、一度読んでみて
ください。

おすすめです!


プロフィール

森口 雄一朗

Author:森口 雄一朗
1.本を読みながら「気になったところ」や「本質的なところ」に線を引く
2.線を引いた箇所をそのままブログに書き写す
3.引用部に対する自分の感想や疑問を書く

⇒森口 雄一朗のプロフィールへ

カテゴリ
種別

経営・起業 お金 マーケティング 自己啓発 発想方法 ライティング ファッション 成功哲学 健康 読書 スピリチュアル 戦略 ライフスタイル 休息 性格 自己啓発・心理学 問題解決 自己啓発・スピリチュアル アフィリエイト 小説 PDCA 人生プラン 人間関係 睡眠 潜在意識 宗教学 

月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム