fc2ブログ

【ビジネス書】アイデアのつくり方(ジェームス・W・ヤング)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十七弾

アイデアのつくり方
アイデアのつくり方



タイトル  : アイデアのつくり方
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★★
対象    : 発想方法を学ぶ
著者    : ジェームス・W・ヤング 氏
感想    :

アメリカの最大の広告代理店・トンプソン社の最高顧問であった、
著者が書いた本ですね。
広告代理店協会の会長も務めたことがあるようです。

まず、驚いたのは増版の回数。1988年に初版が発行されたよう
ですが、2017年までに70回も増版されています。

あとは、ページ数です。この本自体もたった100ページですが、
後の40ページは解説で、本編自体は60ページで終わりです。

キャッチコピーは60分で読めるとなっていますが、実際は60分
以内で読み切ってしまいます。

で、内容ですが、「本当に必要なことだけを書いている」と言う
感じです。具体例も極限まで絞ってアイデアの原理と方法のみを
書いています。

本書から読み取ったのは

●原理・原則
アイデアとは既存の要素の組み合わせだけ

●方法
1、課題を解決するための資料と一般的な知識の資料を絶えず集める。
2、集めた情報をどのように組み合わせるか、組み合わせることができる
  か、頭の中で咀嚼する。
  (浮かんだ組み合わせは紙に書いておく)
3、一旦すべて考えてきたことを横に置く。意識の外に出す。
4、絶えず考えておき、ひらめきを待つ。(で、突飛な時にひらめく。)
5、出てきたアイデアを具体化し展開させる。

書かれてある要素を抜き出すと、これだけです。

非常にわかりやすくまとめられている反面、使うには技量と努力が
必要と思います。

何もないところから突然アイデアは生まれるわけではないと思います
ので、努力は当然必要ですが。。

アイデアの出し方が分かりやすくまとめられています。

ポイントをまとめると、このまとめ通りですが、一度手に取って読ま
れることをおススメします。

ぜひ読んでみてください!

では!!
スポンサーサイト



【ビジネス書】金持ち父さんの起業する前に読む本(ロバート・キヨサキ著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十六弾

金持ち父さんの起業する前に読む本
金持ち父さんの起業する前に読む本


タイトル  : 金持ち父さんの起業する前に読む本
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★☆
対象    : 起業するために
著者    : ロバート・キヨサキ 氏
感想    :

有名な「金持ち父さん・貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏が
書いた本ですね。

起業における基本的なマインドが具体例を交えつつ説明してくれ
ています。

また、ロバート・キヨサキ氏自身が起業家のため、実際にどのように
起業したか、また、ビジネスで失敗した時の要因や、ビジネスが
軌道に乗るまでの心境などが聞かれています。

まず、起業家と従業員の違いは「自由を求める」か「安全を求めるか」
が一番大きなところだと思います。
※自由と言っても、「楽である」こととは違いますので、ご注意を。
自由であることをとことん追求した形が起業と言うのがまず感想です。

で、そのマインドセットとしてこのようなことが挙げられています。

1.安全を求める   ⇔   自由を求める
2.安定した給料   ⇔   偉大なる富
3.依存に価値を見出す  ⇔  独立に価値を見出す
4.他人のルールに従う  ⇔  自分でルールを作る
5.命令を受ける   ⇔   命令を与える
6.「それは私の仕事ではない」という ⇔ 百パーセント責任を持つ
7.会社の社風に自分を合わせる   ⇔ 社風を自分で決める
8.周りの問題に文句を言う       ⇔ 周りの問題を解決する努力をする
9.問題を避ける    ⇔ 問題を見つけてビジネスチャンスにする
10.従業員の道を選ぶ ⇔ 起業家の道を選ぶ

また、起業の基本的なやり方を非常にかんたんに説明してくれて
います。

1.ビジネスを始める
2.失敗して学ぶ
3.良き師を見つける
4.失敗して学ぶ
5.セミナーや講座を取る
6.何度も失敗して学ぶ
7.成功したら立ち止まる
8.成功を祝う
9.儲けたお金、損したお金を数える
10.このプロセスを繰り返す


さらに、ビジネスに必要なのは「B-Iトライアングル」であると説かれて
います。

B-Iトライアングル

また、最後には「使命感」がビジネスの大きさを決めると言われています。

非常に勉強になりましたし、本書の最後のほうにも書かれていますが、
心構えや使命があるかどうかが、起業家への道かと思います。

起業は本当に先の見えないゴールに向かって飛び出すようなものと思って
いますので、これらがないと、高確率で挫折すると思います。

挫折しないためにも、起業とはそもそもどういうものであるか、この本を
読んでから挑戦してもいいのではないでしょうか。

勉強になります。

ぜひ読んでみてください!!

では!

【ビジネス書】ドリルを売るには穴を売れ(佐藤 義典 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十五弾

ドリルを売るには穴を売れ
ドリルを売るには穴を売れ



タイトル  : ドリルを売るには穴を売れ
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★★
対象    : マーケティングの基礎
著者    : 佐藤 義典 氏
感想    :

アメリカの大学でMBAを取得し、実際の営業経験があり、現在は
コンサルティング会社を立ち上げた著者が書いた本ですね。

サブタイトルの通り、マーケティング入門の本です。

ただ、マーケティングの基礎や本質を書いてくれているだけでなく、
実際にその基本をどのように役立てるのか(本書の中ではレストラン)も、
分かるようになっていて、非常にわかりやすく読みやすい本だと思います。

特に、僕たちが何かを買った時点で売り手側の「マーケティングが成功
している」の考え方は、なるほどと思いました。
(当たりまかもしれませんが。)

逆に言うと、僕たちが買ったものすべてで「なぜこれを買ったのか」を
考え続けて答えられるようになれば、マーケティング脳を鍛えられると
思います。

また、この本はこのような流れで意味とその実例を示してくれており、
非常にわかりやすいです。

●マーケティングとは何か。基本原則とは。
①ベネフィット ・・・ どのような商品を売っているのか。
②セグメンテーションとターゲティング・・・誰に商品を売っているのか。
③差別化 ・・・ 競合よりも価値の高いものを提供する。この商品で
          なければならない価値を作る。
④4P ・・・ どのようにして価値を届けるか。


①~④について、簡単に説明しておきます。

①ベネフィット・・・
 まず考えなければいけないのは、自分に売っているもので、お客さんに
 どのような価値を提供できるか。本書では人間の欲求は

  〇 自己欲求 ⇒ 自分の思うように。充実感を得たい。
  〇 社会欲求 ⇒ 認められたい。もてたい。家族との時間を過ごしたい。
  〇 生存欲求 ⇒ 食べたい。お金が欲しい。暖かい家に住みたい。

 と、定義されています。つまり、モノ売るのではなく、お客さんのこれらの
 欲求を満たせるかを基準に考えていく。

②セグメンテーションとターゲティング
 性別や年齢、もしくは心理的な状態(安いものが欲しい、ブランド物が欲しい
 など)等、誰にモノを売ろうとしているのか、を分けて考える必要があると
 説明されています。

 万人に向けて売ろうとするのではなく、例えば30代男性でどな生活を
 送っているか、体形は?など、ターゲットをイメージしてきます。

 ようは、思考の上で売りたいお客さんに近づいていくことが重要と言われて
 います。

③差別化
 どのように差別化を図っていけばいいか、を説明していて、差別化は
 大きく、「手軽軸」、「商品軸」、「密着軸」にしぼれると説いています。

 〇手軽軸・・・「早い」、「安い」、「便利」を軸に商品を展開して行く。

 〇商品軸・・・「最新技術」、「最高品質」を軸に商品を展開して行く。

 〇密着軸・・・「顧客をよく知っている」を軸に商品を展開して行く。

 自分の売りたい商品をどの方向性に持っていくか、が重要と説かれて
 おり、これら3つは相容れないです。

④4P(どのようにして価値を届けるか)
 最後はどのように価値をとどけるか。です。
 
 〇Product
  ⇒この商品によりお客様にどのような価値を届けるのか?
 〇Promotion
  ⇒どのようにお客様に価値を伝えるか?
 〇Place
  ⇒どこで買ってもらうか。
 〇Price
  ⇒価値を提供した見返りとしての対価をどうするか?

 を考えて決めていくことが必要であり、重要なのはこれらに一貫性が
 ある事と言われています。

最後に著者はこれらマーケティングの活動のすべてに一貫性がある
事が重要と言われており、この本をマーケティング的に分析した場合、
この本が提供している価値は何で、どのような差別化を図っているか、
など、本の分析もしてくれています。

マーケティングの基礎を学ぶには非常に有効でわかりやすいと思います。

ぜひ一度読んでみてください。

では!!




【ビジネス書】ノマドライフ (本田直之 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十四弾

ノマドライフ
ノマドライフ


タイトル  : ノマドライフ
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★☆
対象    : ライフスタイル
著者    : 本田直之氏
感想    :

コンサルタントや、ワインアドバイザー、大学の非常勤講師もやっている
著者が書いた本ですね。

別の著書で、レバレッジリーディングはベストセラーを記録しています。
本の読み方を教えてくれる本ですが、読んだ方もいるのではないでしょうか。

さて、今回の本は著者のライフスタイルを推奨する本で、これからの時代、
会社員としてだけの側面でなく、自分でビジネスを持つこと。
最終的には、どこにも依存しない生き方を推奨しています。
また、その心構え、やり方(トレーニング方法)等も書いてくれています。

で、内容は非常にわかりやすく、ノマドライフとは何なのか?なぜ必要か?
そのトレーニング方法と、体系だって書いてくれています。

 ・ 時代の変化から、今はモノではなく経験に価値が出て来ている事、
 ・ 経験を積むことによって、その経験自体に価値が生まれる事。

など、現在の時代背景から始まり、

 ● 長期的なプランをもって今からでも、準備すること。
 ● いきなり会社を辞めるのではなく、ベーシックインカム(会社の給料)を
   確保しつつ準備を進める事。
 ● また、「本業は一つ」という枠にとらわれない事。また、複数のことを
   やることによってそれぞれの仕事の掛け算ができる可能性があること。

など、仕事や生活における考え方を書いてくれており、

 ● 消費、投資、浪費を分けて、どのカテゴリにどのくらいお金を使っている
   かを考えながら使う。
 ● 定期的な拘束から抜ける。

の、行動指針から最後には、

 ● 選んで減らすことを意識する。
 ● 考え続けることにより、選択力を鍛える。
 ● 自己責任能力を鍛えるために「安易に人に聞かずに、自分の中で考えて
   結論をだす」事。
 ● いつもと違うことをやってみる

など、思考習慣のトレーニング方法を書いてくれています。

自身が組織にとらわれない、自由な生活を送るための第一歩の本と
しては、十分に勉強になる本だと思います。

ぜひ、1度読んでみていくつかトレーニングしてみることをおススメします。

では!!

【ビジネス書】嫌われる勇気(岸見一郎、古賀史健 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十三弾


嫌われる勇気
嫌われる勇気


タイトル  : 嫌われる勇気
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★★
対象    : 自己啓発
著者    : 岸見一郎、古賀史健氏
感想    :

哲学者の岸見一郎氏とフリーランサーの古賀史健氏が書いた本
ですね。

アドラーを研究した哲学者とその哲学者を訪れた青年との対話
形式で物語が進んでいきます。

現在の状況に悩みを抱えた青年今の現状を変えられないとする
話に対して、哲学者はその話や考え方を変えていきます。

●過去があるから現在があるではなく、現在の進む目的のために
 過去の事象・経験を自分で選択している。

 つまり、人見知り、○○ができないなど、現在のネガティブな状態
 は、過去の経験から作られたものではなく、現在の自分がそうあり
 たいから、過去の失敗経験を持ち出してそのような理由付けをして
 いる。

●親子関係や親密な関係であっても他者の課題には介入しない、
 また、本来できない。

●人は平等。つまり、本来人をほめることもできないし、叱ることも
 できない。

 つまり、ほめる事、叱ること自体相手を操作しようとする行動であり、
 人は相手を操作することなどできないし、その行動自体が平等で
 はない。

など、生き方の本質を突く考え方から、最後には

●他者に貢献することが生きる道での指標である。
 何があっても、この指標を見失わなければ人生に迷うことはない。

と、「貢献感」を感じることが生きる目的だと説かれています。

勉強になりました。

他人に好かれることは本来不可能(他人に好かれるということは
他人の気持ちをコントロールすること)とですし、それをしようとする
事は、自分を相手の価値観に合わせることで自分を消してしまう
事だと思いました。

自己啓発の本としてはかなり本質を突いた思想が学べるのでは
ないでしょうか。

おススメです。

ぜひ読んでみてください

では!!

【ビジネス書】伝え方が9割(佐々木 圭一 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十二弾


伝え方が9割
伝え方が9割


タイトル  : 伝え方が9割
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★☆☆
対象    : 対話力・文章力を鍛える
著者    : 佐々木 圭一氏
感想    :
コピーライターの著者が書いた本ですね。コピーライトだけでなく、
作詞活動なんかもされているそうです。

で、内容ですが、「伝え方の本質」と言うよりは、「伝え方の技術」が
学べる本です。

つまり、かなり具体的な言葉の作り方が書かれています。
テンプレートとまではいきませんが、繰り返す・ギャップを作るなど、
漠然と言葉を作るのではなく、伝えるように/伝わるように言葉を
作っていく方法が記載されています。

主に、「どのように相手からYesを引き出させるか。」と「どのように
して相手に感動を与えるか」の二つを目的として具体的な方法を
紹介してくれています。

例えば、
「どのように相手からYesを引き出させるか」であれば、
お願いするだけでなく、相手の頭の中を想像してメリットが一致する
内容で誘いをかけるなどのテクニックが書いてくれています。

また、
「どのようにして相手に感動を与えるか」であれば、文章にギャップを
つくる、リピートさせるなどの言葉の作り方が紹介されています。

これらの内容を1シートにまとめてくれていますので、そのシートを
壁に貼っておくなど忘れないようにすることもできます。

具体的な伝え方を学ぶためには役立つ本だと思います。
ぜひ読んでみてください。

では!!!

【ビジネス書】思考は現実化する(ナポレオン・ヒル 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十一弾

思考は現実化する
思考は現実化する


タイトル  : 思考は現実化する
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★★
対象    : 成功哲学
著者    : ナポレオン・ヒル氏
感想    :
アメリカの鋼鉄王アンドリュー・カーネギーにつかえて、成功哲学を何十年
と研究してきた著者が書いた本ですね。
その成功哲学がこの1冊にまとめられています。

かなりの良書です。

自己啓発書や成功方法、金持ちになる方法を何冊も読んできましたが、
その内容をまとめて具体的に書いたやり方が、この1冊にまとめられて
いるイメージでした。

かんたんに順を話すと、

1.思考とは?
2.願望は?具体的にイメージする紙に書く
3.信念を鍛える。
4.自己説得をする。(過去は「自己暗示」の言葉を使っていたようです。)
5.知識を得て活用する
6.想像力を鍛える。働かせる。
7.計画を立てて、実行する。
8.決断する。
9.忍耐力を身につける。
10.マスターマインドの力を使う。
11.モチベーションについて
・・・・・

と成功のために必要は項目とやり方が、過去の偉人たちの取ってきた
行動とともに、かなり具体的にわかるような構成となっています。

僕がココロに残ったのは

①具体的な願望を実現するために、また信念を鍛えるために、紙に
 書き出し、それを毎日読む。
②計画を立てる

です。

特に、①は、どんなことを紙に書いて貼っておけばいいか、具体的に
書いてくれていますので、読んだ後、すぐに使えます。

後は、自己対話のための質問集もあり、これ一冊で成功に近づく
ような行動をとれることになります。

非常におすすめの本です。
読んどいて損はないと思います。

ぜひ読んでみてください!!


【ビジネス書】ミリオネア・マインド(ハーブ・エッカー 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第三十弾

ミリオネア・マインド
ミリオネアマインド 大金持ちになれる人

タイトル  : ミリオネア・マインド
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★★
対象    : お金持ちの基本的な思考を学ぶ
著者    : ハーブ・エッカー氏
感想    :
アメリカのマネーのスペシャリスト、マネーコーチの著者が書いた本ですね。
また、「ユダヤ人大富豪の教え」でも有名な本田健さんが翻訳しています。

タイトル通りお金に関する基本的な考え方(マインド)が学べますし、
実際に今日からでもできるワークも紹介してくれています。

大切なお金に関する考え方、使いかたが書かれていて勉強になります。

逆に、こういったお金に関する基礎知識をなぜ学校などの義務教育の場で
教えないのか、本当に疑問です。

もっと知識があれば、僕が過去やってきたような「散財」の仕方はしない
のに、、、と思います。

で、内容ですが、

まず、自分のお金に関する考え方を再認識するところから始まります。
お金に対してどのような考え方を持っているか?両親はどのようなお金の
使いかただったか?

などなど、自己対話から始まり、その考え方がお金のたまる考え方に
なっているか?なっていなければ、その考え方を変える必要があると
言われています。

要は

 1.お金の状態を決めているのは周りのだけでもなく自分自身と認識する。

 2.自分自身の認識を変えて、お金に関する価値観を変えていく。

 3.行動を起こす。

と、順を追って説明してくれており、

具体的な行動指針(主に自己対話)。 例えば、

 1.金持ちになることに価値を置く理由を明確にする。

 2.自分が生まれつき持っていると思われる才能を書き出す。
   またそれを利用する場面を書き出す。

 3.自分の資質の中でも強味を10個書きだす。
   毎日30日間、声を出してその資質を読み上げる。

 4.少しでもいいから寄付をする。

などなど、今日から使えるような行動指針が書かれています。

せっかく読んだからには、行動することに意味があると思いますので、
ぜひ本を読んだ後に何個かでもいいので、行動することをおススメ
します。
(と言うより、行動しないと読んだ価値が薄れていく。)

勉強になります。
ぜひ一度読んで見てください!!

では!!

【ビジネス書】シュガーマンのマーケティング30の法則(ジョセフ・シュガーマン 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第二十九弾

シュガーマンのマーケティング30の法則
シュガーマンのマーケティング30の法則
タイトル  : シュガーマンのマーケティング30
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★☆
対象    : マーケティングの基本原理
著者    : ジョセフ・シュガーマン
感想    :
アメリカの元ダイレクトマーケッターの著者が書いた本ですね。

タイトルに「法則」と書かれている通り、テクニック集と言うよりは
どちらかと言うと、マーケットの根本原理に近いです。

一部は人間の行動心理にまで言及されています。

人間の心理学 ⇒ 「この本」 ⇒ マーケットのテクニック集

くらいの位置づけです。


で、内容ですが、マーケティングの基本を学べる本になっています。
このままでは使えませんが、この法則を自分の状況に落とし込んで
使うイメージです。

初めてマーケティングを勉強する方は、基本原理を学べますし、
既にマーケティングを知っている人でも、基本法則を再認識できる
のではないでしょうか。

各章箇条書きになっていますが、参考になった法則をいくつか。

●商品の特性を見極める
 その商品にはどんな特性があるのか、「安全」「機能的」「安い」
 など、商品の特性を見極める。
 ・商品を熟知する。
 ・お客を研究する。
 ・自分自身の経験と照らし合わせる。

●お客を巻き込む
 その商品を既にお客さんが所有しているかのように話をする。
 ・感覚的にわかってもらう。

●権威の力を利用する
 ・パソコンを買うとき、パソコンに詳しい方に相談しませんか?

●感覚に訴える
 ・商品を説明するのではなく、商品の特性をお客さんの使って
  いる状況と結びつける。
 ・人は感覚で買い物をし、それにもっともらしい理由をつけていく
  ことを理解する。(感覚に訴える言葉を利用する。)

●信憑性を大事にする
 ・自分の言った言葉に嘘偽りがないかをチェックする。

●物事を単純にしていく
 ・複雑に広告しない。種類は一つに絞る。

等、書いていけばキリがないですが、本当に基本原理・原則が
書かれているので、自分のマインドセットにしてあらゆる広告・
販売の場面で使うことができると思います。

何度も読み返して自分のモノにすることをおすすめします。
ぜひ一度読んでみてください!

では!

【ビジネス書】お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」(世野いっせい)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第二十八弾

お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」
お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」

タイトル  : お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」
ジャンル : ビジネス
評価    : ★★★★☆
対象    : お金持ちの思考を学ぶ
著者    : 世野いっせい
感想    :
アメリカで投資を学び、今も現役の投資家の著者の本ですね。

まず、本物の投資とは何か、今の株などの投資との違いから始まり、
投資家はどのような思考回路で物事を判断しているかが、まさしく
本のタイトル通り分かるようになっています。

 「そもそも、投資は結果が決まっている」

これだけでも、一般的にイメージしている株などの投資とは考え方が
違うのではないでしょうか。

後は箇条書きで55個にわたって考え方を書いてくれています。

●なぜそうなったのか、理由を考える
●勇気をもって今の環境を飛び出す
●「どんな投資話か?」よりも「誰からの話か?」を重要視する
●時間はコスト(24h = 86,400秒=86,400円)の考え方


などの、投資家にかかわらず、人生レベルで使えるマインドセットが
多く記載されています。

また、投資家ならではの

●投資家はディフェンス重視の仕事
●起業するときはゴールから考える

教えもあります。

非常にわかりやすく書かれていますので、お金の勉強のとっかかり
にしたい方は特に有効ではないでしょうか。

また、基本を書いてくれていますので、ある程度の勉強された方で
あれば、基本を再認識できるような本になっています。

ぜひ考え方の基本を学びたい方に!!

では!!



プロフィール

けつあご

Author:けつあご
1.本を読みながら「気になったところ」や「本質的なところ」に線を引く
2.線を引いた箇所をそのままブログに書き写す
3.引用部に対する自分の感想や疑問を書く

カテゴリ
種別

経営・起業 お金 マーケティング 自己啓発 発想方法 ライティング ファッション 成功哲学 健康 読書 スピリチュアル 戦略 ライフスタイル 休息 性格 自己啓発・心理学 問題解決 自己啓発・スピリチュアル アフィリエイト 小説 PDCA 人生プラン 人間関係 睡眠 潜在意識 宗教学 

月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム