fc2ブログ

【ビジネス書】理性の限界 (高橋 昌一郎 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百十八弾

理性の限界
理性の限界


タイトル  : 理性の限界
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★★
著者    : 高橋 昌一郎 著
感想    :

一般的に完全なものであると考えられている『選択』、『科学』、
『数学』が、どこまで完全なものであるのか?どこからが不完全か?
解き明かされていないか?を1冊の本でまとめてくれています。

本のタイトル通り、どこが限界なのか?分かります。

また、これらの内容は専門的になりがちですが、それを一般の
社会人や大学生にも分かるように、ディベート形式で説明してくれて
いて、とてもわかりやすかったです。

●『選択』の限界
選挙や多数決で決める場合、本当に公平な多数決は存在しないとの
内容です。
例えば、ある集まりの中で誰をリーダーにするか?を決定する場合
でも、完全な投票の方法は存在しなくて、どのような性格のリーダーに
したいか?によって、投票の方法や結果が変わるというものです。
多数決は公平なものだと思っていたので、おどろきでした。

もう一つ勉強になったのが、「しっぺ返し戦略」でした。
相手に協調する方がトクか?裏切る方がトクか?有識者がパソコンの
プログラミングを組んで、いろいろなパターンで勝負させたところ、この
単純なプログラミングが一番強かったようです。
(もちろん、統計学やそのほかの数学を使ってプログラムを組んだ人が
いるにも関わらずです。)

自分の生活でも使えそうだと思いました。

●『科学』の限界
万有引力や地動説から相対性理論、量子力学まで、進化の歴史を紹介
しつつ、今の科学はどこまで分かるか?解説してくれています。
相対性理論から、光の速さに近づけば近づくほど時間の経過が遅くなる
ことはなんとなく知っていましたが、光の速さは不変で、距離も不確定な
ものであることは初めて知りました。
(つまり、光の速さで動いても、光は止まって見えずに光の速さで動いて
 いる。また、光の速さに近づけば距離は縮んでいく。)
また量子力学から電子の位置は不確定なことも分かって面白かったです。

●『数学』の限界
これも驚きでした。数学自体に証明も反証明も出来ない不完全な命題を
含んでいるのも初めて知りました。数学なので、数字で証明すればすべて
説明できると思っていましたが、そうでもないようです。

上の通り、大きく3つの章に分かれていましたが、『選択』、『科学』、『数学』
ともに、突き詰めていくと、最終的には証明できない不完全なところに
到達するのが、とても面白かったです。

いいl刺激になると思います。
ぜひ一度読んでみてください!

では。
スポンサーサイト



【ビジネス書】心はどこにあるのか (ダニエル・C・デネット著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百十七弾

心はどこにあるのか
心はどこにあるのか


タイトル  : 心はどこにあるのか
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★☆☆
著者    : ダニエル・C・デネット著
感想    :

哲学者により、人間の感情はどこから来て、どのように発達してきたか
を、1冊の本によりまとめてくれています。

本書の冒頭にもありますが、著者は科学者ではなくて哲学者なので、
理論的に解き明かすのではなく疑問を投げかけて終わるような項目も
多くあります。

僕にとっては、少し難解でした。

もう少し、いろいろ勉強してからもう一度読んでみたいと思います。

では。


【ビジネス書】感情 (ディラン・エヴァンス著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百十六弾

感情
感情


タイトル  : 感情
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★★
著者    : ディラン・エヴァンス著
感想    :

感情心理学の研究者である、著者が書いた本です。

タイトル通り『感情とは何か?どんな働きをしているのか?』を1冊で
分かるようにまとめてくれています。

とてもわかりやすく勉強になりました。
感情についての勉強をしたことがなかったのですが、それでも引っか
かることなく、スラスラと読めて内容を理解できました。

一言で言うと、感情は非合理的なものではなく、とても合理的であり
理性に従って行動し結果的に損してしまうのを食い止めてくれるもの。
だと思いました。
(本書で例を上げて何回か説明があります。)

もちろん、行き過ぎた感情は結果的に損をしてしまうので、理想的な
状態は、理性と感情を適切な状態でハイブリットさせることだと思い
ました。
つまり、『感情を無視して理性だけにしたがって行動する』、『理性を
無視して感情だけに従って行動する』ことは結果的に損をするという
こと。

また進化する上で身についた基本的な感情(基本情動)『喜び』『怒り』
『恐れ』『悲痛』『驚き』『嫌悪』が、どのように進化に寄与してきたかを
説明してくれいています。
※例えば『恐れ』であれば、危険なものを遠ざけるなど。

改めて、自分自身がどのようなときにどのような感情になるのか?
その感情がどのような結果を自分にもたらしてくれるのか?
感情の棚卸しをしても面白いと思います。

基本的な感情(基本情動)の他にも、『愛』『罪悪感』『てれ・決まりの
悪さ』『恥』『羨み』『嫉妬』の説明もあり、これらは何なのか?大まかに
分かるようになっていました。

感情についての基本的なことを勉強したい方にはオススメの一冊です。
ぜひ一度読んでみてください。

では!

プロフィール

森口 雄一朗

Author:森口 雄一朗
1.本を読みながら「気になったところ」や「本質的なところ」に線を引く
2.線を引いた箇所をそのままブログに書き写す
3.引用部に対する自分の感想や疑問を書く

⇒森口 雄一朗のプロフィールへ

カテゴリ
種別

経営・起業 お金 マーケティング 自己啓発 発想方法 ライティング ファッション 成功哲学 健康 読書 スピリチュアル 戦略 ライフスタイル 休息 性格 自己啓発・心理学 問題解決 自己啓発・スピリチュアル アフィリエイト 小説 PDCA 人生プラン 人間関係 睡眠 潜在意識 宗教学 

月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム