fc2ブログ

【ビジネス書】伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則 (山口 拓朗 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十八弾

伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則
伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則


タイトル  : 伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : 山口 拓朗 著
感想    :

フリーライターであり、ライティングセミナーの講師でもある著者が
文章の書き方の基本やテクニックをこの1冊の本でまとめてくれて
います。

前半は基本的な考え方、後半は具体的なテクニックになっていて、
どちらも学べるようになっていました。

勉強になりました。

基本では特に「何から初めていいか分からない。」「どう書いて
いいか分からない」人のためにまとめられていました。

要は文章の書き方、
①ターゲットを明確にする
②文章の目的を明確化する
③読む人のニーズを把握する
④読む人の反応を決める
⑤必要な情報を収集する
⑥文章の流れ(構成)を決める
と、順序を説明してくれていて、その中での注意点なども
書かれています。

特に
『②文章の目的を明確化する』の時に、相手にどうなって
欲しいのか、結果を先に決める。
『④読む人の反応を決める』の時に、相手の反応は書き手
が決める。
は、重要だと感じたので、常に文章を書く上で『相手』を
意識して、書きたいと思います。

また、
●文章は50%の出来でもいいので全部書き切った後で
 修正する。
●文章は貢献の意識で書く。
 (ちょっとでも、相手のプラスになるように!)
も、意識して文章を書きたいと思います。

参考になりました。

興味のある方は、ぜひ一度読んでみてください。

では。


スポンサーサイト



【ビジネス書】10倍速く書ける 超スピード文章術 (上阪 徹 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十七弾

10倍速く書ける 超スピード文章術
10倍速く書ける 超スピード文章術


タイトル  : 10倍速く書ける 超スピード文章術
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : 上阪 徹 著
感想    :

ブックライターで超速筆でもある著者が、文章を速く書くために
必要なことや考え方をこの1冊でまとめてくれています。

著者が一番こだわっているのは、『素材集め』です。

文章を書くためのターゲット設定や目的の明確化など、基本的な
ことを押さえた上で、文章は上手く書くのではなく、情報伝達手段
であると割り切っています。

伝えたい素材がよければ、文章をほとんど書く必要はなく、
並べるだけで文章は完成するとのことです。

また、特に大事にしている素材は、「独自の事実」「エピソード」
「数字」のようです。

勉強になりました。

確かに「文章を書こう」と思うと、長く書こうとしたり、上手く書こうと
したりします。
けど、「素材を並べるだけでいい」と割り切って書くと、余計なことを
考えなくてすむし、結果的に伝わりやすい文章になるように思いました。

逆に「書けない」とすると、それは文章力がへたなのではなく、
「素材が足りていないだけ」ととれると思います。

文章を書く上で困ったら、「素材が足りていないだけ」を自分に言い
聞かせたいと思います。

普段から素材を集める上で、
●どんなものに「ハッ」としたか?
●気になったのはどの部分か?
●それを見て自分はどう思ったか?(どうとらえたか?)
は、意識したいと思いました。

また、
●読み手は「どんな課題を解決したいのか?」
●読み手にどう感じてもらいたいのか?
は意識しようと思います。

速く書く上でも、文章をまとめる上でも参考になりました。
ぜひ一度読んでみてください。

では。

【ビジネス書】一瞬で心をつかむ文章術 (石田 章洋 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十六弾

一瞬で心をつかむ文章術
一瞬で心をつかむ文章術


タイトル  : 一瞬で心をつかむ文章術
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★☆☆
著者    : 石田 章洋 著
感想    :

『世界不思議発見!』の放送作家による、相手に伝わる文章の
書き方をこの1冊でまとめてくれています。
※正しい文章の書き方ではなく、相手に伝わる文章の書き方が
 メインテーマです。

コピーライティングの本や、他の相手に伝わる文章の書き方を
読んだことのある人なら分かるかも知れませんが、文章の基本は
放送であっても同じだと分かりました。

つまり、
①テーマを決める
②ターゲットを明確にする
③目的を明確にする
④素材を集める
⑤素材を整理して、相手に伝わる順番にまとめる
⑥ラフに文章を書く
⑦修正・編集・見直しをする
これが基本だと思います。

その中で、この本ではそれぞれの手順を進める上でのポイント
が書かれています。

例えば、『④素材を集める』では、①②③を明確にしておけば
素材集めに迷うことはないなどです。

⑤の素材の整理の仕方も、いろいろなパターンがあり面白かった
のですが、特に参考になったのは。

●文章は6割のできでかまわないと考える。
 残りの4割は後で考える。

●行き詰まったら一旦書くのをやめて、他の見直しポイントなど
 を整理する。

●つかみは大切。
 「なぜ◯◯は△△なのか?」「あなたはご存じですか?」などを
 使って、相手の興味を引く。

●文頭⇒短く簡潔に

●作った文章は声を出して読む

●気持ちは伝わりにくいので、自分の状態や行動で伝える。

等など、具体的なやり方が勉強になりました。

最後に、著者は「多く読む」「たくさん書く」「考えて工夫する」が、
一番の近道だと言っています。

たくさん書いて考えて、伝えるための文章力を上げていきたいと
思いました。

では!

【ビジネス書】医者が教える食事術 最強の教科書 (牧田 善二 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十五弾

医者が教える食事術 最強の教科書
医者が教える食事術最強の教科書


タイトル  : 医者が教える食事術 最強の教科書
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★☆☆
著者    : 牧田 善二 著
感想    :

医者で実際に診療もしている著者が、食事に関する知識を
まとめてくれています。

いろいろとまとめられていますが、著者が言いたいのはひとつ。
「糖質を管理しなさい」
と、言うことだと思います。

体内の糖質を急激に上下させることで、肥満をはじめ、不調や
病気のリスクを引き上げる結果になる。
とのことで、どのようなものが悪いか/よいかを紹介してくれて
います。

特に以下のような食品・飲料は気をつけるべきとのことです。

●糖質を急激に上下させる原因の1位は「液体の糖質」。
 (コーラ、缶コーヒー、野菜ジュース、エネルギー飲料などなど)
 とにかく、液体の糖質はすぐに吸収されて、すぐに血糖値が上がる。

●生成された砂糖を使った食品。おかしなども特に影響する。

●果物、特にジュースにすると糖質の濃度が上がる。

●白米、白いパン、うどんなど

また逆に、
「オリーブオイル」「ナッツ」「ワイン」「チョコ(カカオ70%以上)」「大豆」
「チーズ」「ブルーベリー」「コーヒー」「酢」「生もの」
このような食べ物は体にいいとのことです。

すごく新しいと思える知識はなかったですが、今の食生活や生活
習慣を見直す上で、勉強になると思いました。

ぜひ一度読んでみてください。

では。

【ビジネス書】勝てば官軍 (藤田 田 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十四弾

勝てば官軍
勝てば官軍


タイトル  : 勝てば官軍
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : 藤田 田 著
感想    :

日本マクドナルドを起業した著者が書いた成功哲学です。

ソフトバンクの孫正義さんも直接会いに行って、今後の方向性
などの教わっていたみたいですね。

で、『どうやってマクドナルドを作ってきたか?』の自伝ではなく、
『どういう考えでビジネスをやってきたか?』帯に書かれている
通り、成功哲学をまとめられています。

1996年に書かれた本のため、内容に少し時代を感じるところも
ありますが、今でも通用すると思われる考え方もあり、勉強に
まりました。

僕が勉強になった考え方を参考に箇条書きします。

●金持ちの間で流行したものが大衆に流れてくるには、
 だいたい2~3年かかる。
 (=金持ちから攻めれば、その後、大衆に定着するまで、
  2~3年は売れ続ける。)
 (=大衆は金持ちのまねをしたがる。)

●ちょっとしたお金持ちが必ずほしがって、しかも現実に手に
 届くものを売る。

●もうけたいなら「女」と「口」を狙う。
 (=装飾品、食品はもうけやすい。)

●「きれいな金」「汚い金」もない。金儲けは人生の最重要事項
 だと心得る。

●人生は60%確実ならばやるべきである。

●ビジネスは勝たなければならない。人生もまたしかり。

●ビジネスのエネルギー=「時間」×「努力」

●その国でみんなが食べている一番安いものを売る。

等など、起業家としてもそうかも知れませんが、生きていく上での
考え方としても、勉強になりました。

ぜひ一度読んでみてください。

では。

【ビジネス書】ポジティブ・チェンジ (Daigo著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十三弾

ポジティブ・チェンジ
ポジティブ・チェンジ


タイトル  : ポジティブチェンジ
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : Daigo 著
感想    :

変わりたくても変われないとか、変わりたくてもどうも上手く
いかないなどの悩みを持った人向けにかかれた本です。

メンタリストの著者が自身の勉強してきたことと、実践してきた
ことを元にどのように変わって行けばいいか、まとめてくれて
います。

ひと言だと「最小限の準備で、とにかくすぐに、新しいことを
始めてしまう」が、変わるポイントのように思いました。

その中で、
●行動を起こせなくする思考パターン
●新しいことを見つけるための方法
●行動を起こさせるためのスイッチの作り方
●行動を起こさせるための環境の作り方

を分かりやすく書いてくれているので、変化を求める方には
勉強になるのではないでしょうか。

また著者の考え方で参考になる部分がありましたので、抜粋します。

●日々自分の限界を感じてそれを超えていく。この過程が面白い。
●「自分を変えるために、最小限の条件は何だろう?」と自分自身
 に問いかける。
●計画は欲求を消費する。

面白く読めました。
ぜひ参考にしてみてください。

では!

【ビジネス書】成功はゴミ箱の中に (レイ・クロック著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十二弾

成功はゴミ箱の中に
成功はゴミ箱の中に


タイトル  : 成功はゴミ箱の中に
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : レイ・クロック 著
感想    :

マクドナルドをフランチャイズ化させた著者による自伝です。

元々ペーパーカップの営業マンだった著者が、マクドナルド兄弟の
ハンバーガー屋さんに出会って、そこからフランチャイズ化に至る
までが分かります。

勉強になりました。
本部ではなく、各店舗が主人公との考えのもと、各店舗への教育と
サポートの仕組みができあがっているからこそ、ここまで成長出来る
んだと分かります。

また、要所に成功するための考え方が書かれていたので、それは
参考にさせてもらおうかと思いました。

●Be daring / Be first / Be different
 (勇気を持って/誰よりも速く/人とちがったことをする)

●巨万の富は「チャンスを逃すな」を信条にしてきた結果

●未熟でいるうちは成長出来る。成熟したとたんに腐敗が始まる

●ビジネスはひとりでは成功しない

●やり遂げろ-この世界で継続ほど価値のあるものはない
  才能はちがう-才能があっても失敗する人はたくさんいる
  天才もちがう-恵まれなかった天才はことわざになるほどこの世にいる
  教育もちがう-世界には教育を受けた落伍者があふれている。
  信念と継続だけが全能である

などなどです。

最後には孫正義さんと柳井正さんの対談や、それぞれの参考に
なった箇所を紹介してくれていて、コチラも勉強になりました。

一度読んでみてください。

では。



【ビジネス書】集中力はいらない (森 博嗣 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ

第百三十一弾

集中力はいらない
集中力はいらない


タイトル  : 集中力はいらない
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : 森 博嗣 著
感想    :

作家による集中力に対する考え方とがまとめられています。

タイトルは『アンチ・集中力』ですが、集中力を全否定している
訳ではないです。

「集中している状態が、必ずしも正しいとは限らない」とか「なぜ
そこまで、集中力にこだわるのか?」とのスタンスで書かれて
います。

著者は研究職や小説など、アイデアを考えて生み出さなければ
ならない仕事をしています。

そこに必要なのは『思考する力』であり、『集中力とは真逆のもの』
であるとの考えです。

要はひとつのことに絞って行く力(集中力)ではなく、アイデアを
発散させていく力(本書では『分散力』や『発散力』)が必要である
とのことです。

・・・確かに言われることも一理あると思いました。

集中している時は「思考している」というよりも、「ルーチンを速く
正確にこなそうとしている」という感じです。
(本書では単に『反応している』だけといっています。)

逆に考えている時というのは、頭の中で外に広がりを持たしたり、
ちがうものとくっつけたり、それこそ『発散』させているように思います。

集中する力が全く必要ないとは思いませんが、ひとつのことに
集中しすぎると、横に広がりを持たせることが出来なくなるように
思いました。(考える範囲が狭まっていく)

「ではどうすればいいのか?」はこの本書では明確には語られて
いません。

ただ、分散思考を持つ人の特徴として、出来るだけ対象から離れた
場所に行こうとするようです。

●自分が踏み入れていない領域に足を運ぼうとする
●自分の信念を打ち砕くようなものに出会いたいと思っている
●遠い場所からヒントを見つけた経験がある

などなどです。

また、本書では『分散型の思考』は『分散型の行動』とも相性が
いいと言われています。

平たく言うと『いろいろと体験すること』ですが、僕もいつもは体験
したことのない行動を取り入れて、思考の幅を増やしたいと思い
ました。

アイデア必要になる人には参考になると思います。
一度読んでみてください。

では。


プロフィール

森口 雄一朗

Author:森口 雄一朗
1.本を読みながら「気になったところ」や「本質的なところ」に線を引く
2.線を引いた箇所をそのままブログに書き写す
3.引用部に対する自分の感想や疑問を書く

⇒森口 雄一朗のプロフィールへ

カテゴリ
種別

経営・起業 お金 マーケティング 自己啓発 発想方法 ライティング ファッション 成功哲学 健康 読書 スピリチュアル 戦略 ライフスタイル 休息 性格 自己啓発・心理学 問題解決 自己啓発・スピリチュアル アフィリエイト 小説 PDCA 人生プラン 人間関係 睡眠 潜在意識 宗教学 

月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム