fc2ブログ

開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学 (川田 利明 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百八十三弾
「してはいけない」逆説ビジネス学


タイトル  : 開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を
失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが
伝える「してはいけない」逆説ビジネス学
評価    : ★★★★☆
著者    : 川田 利明 著
感想    :

元プロレスラーで現ラーメン屋店長の著者が、プロレスラー
時代から現在までの自伝をまとめてくれています。

タイトルにもあるとおり、上手くいった話ではなく、上手く
行かなかった話や失敗談をメインで語ってくれています。

他の自伝本よりも生々しく現実がしれるので、とても勉強
になりました。

私自身は、ラーメン屋ではなく他業種の自営業なのですが、
著者が言われているとおり「体力」「精神力」「資本力」は
絶対に必要だと思います。

体を壊したら売上にはならないし、あきらめたら終わりで
誰も助けてくれない、さらにお金が尽きても終わり、売れなきゃ
どうしようもなくなる。

自営業って、本当に覚悟がいる業種だと思います。
よく言われる、「自由と責任は表裏一体」って感じですね。

まぁ、それらを自分の考えと意志でコントロールできるのも
魅力ではあるので、もしサラリーマンからラーメン屋を
含む、自営業への転身を考えている方は、一度読んでみて
ください。

おすすめです!


時が止まった部屋 (小島 美羽 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百八十二弾
時が止まった部屋


タイトル  : 時が止まった部屋
        遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死の話
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★☆☆
著者    : 小島 美羽 著
感想    :

遺品整理人の著者が、孤独死の現場を伝えるために
書かれた本です。

著者本人が遺品整理人であることや、ミニチュア(本書内では
その写真)があることから、かなり生々しく孤独死の状況が
語られています。

こういった孤独死の現場は日ごろ目にすることはないので、
考えさせられます。

原型をとどめないほどに腐敗することもあるらしく、私自身、
そういった孤独死は絶対避けたいと思いました。

本の内容は素晴らしく、気になる方は読んでいただきたいの
ですが、読後感が「問題解決した」感じではなく「伝わった」
って感じだったので、★は3つにしています。

迫りくる5Gの未来 (柴﨑 洋光 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百八十一弾
迫り来る5Gの未来


タイトル  : 迫り来る5Gの未来
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★☆☆☆☆
著者    : 日経BPムック 著
感想    :

5Gの時代が間近ですので、その勉強がしたくて読みました。

期待した内容が、具体的な情報とその情報からくる筆者の
考察だったのですが、情報が少なく、筆者の想像がほとんど
でした。

また、その考察も「まぁ、そうだよね」って思うような内容で、
新しさや発見のようなものも感じませんでした。

他の本も探してみたいと思います。

無線LAN構築【最強の指南書】(日経BPムック)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百八十弾
無線LAN構築 最強の指南書


タイトル  : 無線LAN構築【最強の指南書】
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★☆☆
著者    : 日経BPムック 著
感想    :

Wi-Fiの回線や設置方法について勉強したくて買いました。

内容は、ほとんどが企業向けのWi-Fiの構築、中~大規模な
Wi-Fiを設置する際に気を付けるべき事が書かれていました。

私は自信はコンシューマ向けのWi-Fi設置について学びた
かったので、私の目的からは少し外れていました。

冒頭は、Wi-Fiの基礎知識がありましたので、その部分は
役に立ちました。

創価学会 (田原 総一朗 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百七十九弾
創価学会


タイトル  : 創価学会
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★★
著者    : 田原 総一朗 著
感想    :

かなり価値のある1冊です。非常に勉強になりました。
さすが、3年間の取材の総まとめを書かれているだけあります。

私は創価学会員ですが、内部で発行されている本や情報は
『創価学会=正しい』ありきで語られている部分が多くあり、
客観的な視点では、とても勉強しづらい面がありあした。

しかし、本書の著者は、ジャーナリストで非会員です。
なので、『自らの考え』ではなく『客観的な情報と視点からの
事実』を元にまとめられているので、とても勉強しやすいです。

特に『創価学会=正しい』ありきの考えの創価学会員にこそ
おすすめします。

また、本書のまとめとして、創価学会の強さのポイントを
以下の3点に絞って結論づけられています。

1.池田大作という人物持つ魅力と、彼と学会員との強い絆

2.座談会に代表されるような、一人ひとりの学会員が尊重される
  活動システム

3.「宿命転換」と言う教え

今一度、創価学会を勉強する良い機会になりました。

ぜひ一度、読んでみてください。

ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式 (山口 周 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百七十八弾
NEWTYPEニュータイプの時代


タイトル  : ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★☆☆☆
著者    : 山口 周 著
感想    :

本書のタイトルはニュータイプとありますが、内容に目新しさは
ありませんでした。

紹介されている思考や行動様式は、過去に出版されている本と
あまり変わらないです。

特に、『ビジョナリーカンパニー』や『ブラックスワン』を読まれた方
は重複の内容が多いと感じるはずです。
(本書でも、よく引用されています。)

いくつか抜粋すると、

●今後、世の中の動きはもっと読みにくくなり、専門家の予測は
 当てにならない。自身の直感を信じ、色々試して、当たった内容
 を残す。

 ⇒おっしゃられるとおりだと思います。
   人の予測を当てにするより、「自分がこうだ」と思ったことを
   やる方が、結果的に失敗でも経験が残ります。

●「未来がどうなるのか?」ではなく「未来をどうしたいか?」を
 考えるのがニュータイプ

 ⇒おっしゃられるとおりだと思います。

●会社のビジョンに求められる最も重要な要件、それは「共感
 できる」と言うこと

 ⇒おっしゃられるとおり、ビジョンが形骸化しては意味が
  なくなります。


分かりやすくまとめられていますし、ロジックも分かるのですが、
「で???」って、ハテナが残りました。

要は、説明されている原理・原則は分かるのですが、著者が
そのような考えのもと、それを『どう解釈して』『どういう行動を
取って』『結果どうだったのか?』が、分からなかったからです。

実践&結果の書というより、教科書に近い感じでした。
客観的ではあるものの、どこか他人事って感じがします。

なので、本書の実例も『著者が独自に調査した』と言うよりも、
『自分の主張ために、あり合わせの情報を拾ってきた』
イメージが強いです。

とはいえ、内容は悪くないので、興味のある方は一度読んで
みても良いかもしれません。


「超」入門 相対性理論 アインシュタインは何を考えたのか

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百七十七弾
「超」入門 相対性理論 アインシュタインは何を考えたのか


タイトル  : 「超」入門 相対性理論 アインシュタインは何を考えたのか
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : 福江 純 著
感想    :

天文学者/大学教授の著者による相対性理論についての
まとめです。

相対性理論について、非常にわかりやすくまとめられていて、
初心者でも読めるないようになっていると思いました。
(公式や計算式も必要最低限で、多くは出てきません。)

勉強になりました。

物理学やアインシュタインのすごいところは、当たり前の
事象に疑問をもち、そこから思考を発展させていくところ
だと思います。

もし光を追いかけたらどうなるの?(追いかけても、同じ速度で進む)
光の正体は何なのか?(電磁波)
なぜ光は遠くへ伝わるの?(光は電磁波のため、媒体がなくても伝わる。)
なぜ重力は発生するのか?(時間と空間がゆがむ)
物質を分解していくと、最終的には何になり、どんな挙動をするのか?(量子力学)
質量はエネルギーに変換できる(E=mc2)

等など、普段は疑問に感じない事を、突き詰めて法則性を
見出すところにすごさと面白さがあるように思います。

自分自身の考えを深める上でも、役に立ちました。

面白かったです。



社長失格 (板倉 雄一郎 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百七十六弾
社長失格


タイトル  : 社長失格
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★★
著者    : 板倉 雄一郎 著
感想    :

タイトルに興味が引かれたのと、失敗例を取り扱った本を
読みたく、購入しました。

著者本人の起業から倒産までの体験談がまとめられている
ので、かなり生々しく当時の状況や感情が描写されています。
その分、とても勉強になりました。

内容をひと言で言うと、ネットのベンチャービジネスにおける
栄枯盛衰でした。

時代の流れもあり、ネットのシステム関連の会社で起業した
ものの、様々な要因で歯車がかみ合わなくなり倒産。
自己破産に至ったというものです。

その原因を著者自身が様々な角度から分析していますが
大きくは、以下2つの事を言いたいようです。

●当時の銀行対応
 ・・・ベンチャーブームで、無担保での多額の融資。
   その後ブームが去り、一転、回収モードになった。
   資金繰りができなくなり倒産。

●組織作りと組織人との関係づくり
 ・・・対組織での人間関係を作る上での振る舞い。
   組織内部の人間に対する振る舞い。
   自分の考えを優先させた故に、相手に不信感を
   与えるような行動になり、結果的に信用されなく
   なっていた。

ここから、私が思ったことは2つです。

●1つ目:
自分や会社の実力以上の資金を取り扱うと、時代の流れが
逆風になったときに、耐えられなくなる。
経営者としては、自分の会社の『実力』、『立場』、『時代の流れ』を
常に自分自身で評価しなければいけない。

【確認するための問い】
・ 自分の会社の実力と事業の規模は合致しているか?
・ 自分の会社を過大評価もしくは過小評価をしていないか?
・ たまたま、時代の流れが味方して上手くいっているだけ
 ではないか?

●2つ目:
人間関係と組織との付き合いについて・・・
これは難しいですし、正解がないように思います。
相手に対する理解を深めて行動する方が良いのか、
個人として自分の考えを第一に行動する方が良いのか。

正解が分かりませんでしたし、私自身、経験不足なところ
もあるかもしれません。
あえて言うなら、双方のバランスを保って行動する。
バランスが保てない人とは付き合わない。くらいでしょうか。


私は今個人で仕事していますが、当事者になると、客観的な
評価は非常に難しいですし、気づくのはだいたい事が起こった
後です。
(そういう意味だと、失敗して経験しないと分からない部分も
多くあると思います。)

だだ、常に自己評価をしておかないと、取り返しの付かない
事になると思います。

いろんな視点で自己評価を怠らないようにしたいと思います。


色々考えさせられました。
おすすめの本なので、ぜひ一度読んでみてください。



「量子論」を楽しむ本 (佐藤 勝彦 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百七十五弾
量子論を楽しむ本



タイトル  : 「量子論」を楽しむ本
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★★☆
著者    : 佐藤 勝彦 著
感想    :

量子論の概要を知りたくて購入しました。

素人の僕にも分かりやすく説明してくれていて、とても読みやす
かったです。勉強になりました。

ただ、理解するのが非常に難しかったので、何回も読み、インターネット
でも、色々調べました。
日常では経験できない考え方なので、敬遠されるのも分かる気がします。

その中でも、以下の4つの話が非常に面白かったです。

●相補性
 =電子は「粒」と「波」の両方の性質を持つ。(粒が動いて波になって
  いるのではない)

●重ね合わせ
 =電子には重ね合わせが起こっている。つまり、電子がA地点にいる
  状態とB地点にいる状態が1つの電子で起こっている。

●ミクロの世界では観測に影響が出る
 =電子は「波」の性質を持つが、その状態を観測できない。観測する
  ためには、光を当てないといけないが、光を当てると電子の状態が
  変わり、正確な状態ではなくなる。

●不確定性(原理)
 =電子は1つでありながら「波」の性質を持つ。
  つまり、位置を決めようとすると速度に無限の可能性がでる。
  逆に、速度を決めようとすると位置に無限の可能性がでる。

量子論の概要をつかむには、おすすめの入門書でした。

興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

世界の仕組みを物理学で知る (松原 隆彦 著)

定期的に読んだ本と感想を書いていきます(*゚∀゚)っ


第百七十四弾
世界の仕組みを物理学で知る



タイトル  : 世界の仕組みを物理学で知る
ジャンル : ビジネス書
評価    : ★★★☆☆
著者    : 松原 隆彦 著
感想    :

タイトルの通り、身の回りにあるものを物理学の観点から説明
するのが目的の本です。

1つの事に対して深く突っ込んだ本ではなく、いろんなものを
かんたんに説明してくれている本で、非常に読みやすく、素人の
僕にもよく分かりました。

一番興味を引かれたのは、アインシュタインによる一般相対性理論
の発見とその証明でした。

通常の物理学では、実験結果から既存の理論とのズレを見いだし、
その差分を分析して新しい理論を見つけていくモノのようです。

しかし、アインシュタインは実験からズレを見つける前に、頭の中で
「なぜ引力が働くのか?」との疑問から思考を発展させて、
一般相対性理論を導き出したようです。

確かに、天才としか言いようがないな、って思いました。

あと、量子力学の考え方が面白かったので、もう少し勉強してみたい
と思います。

物理のさわりを知りたい方は、ぜひ一度読んでみてください。


プロフィール

森口 雄一朗

Author:森口 雄一朗
1.本を読みながら「気になったところ」や「本質的なところ」に線を引く
2.線を引いた箇所をそのままブログに書き写す
3.引用部に対する自分の感想や疑問を書く

⇒森口 雄一朗のプロフィールへ

カテゴリ
種別

経営・起業 お金 マーケティング 自己啓発 発想方法 ライティング ファッション 成功哲学 健康 読書 スピリチュアル 戦略 ライフスタイル 休息 性格 自己啓発・心理学 問題解決 自己啓発・スピリチュアル アフィリエイト 小説 PDCA 人生プラン 人間関係 睡眠 潜在意識 宗教学 

月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム